大人気!ルイヴィトンのリュックまとめ。特徴や種類、おすすめモデルを解説!-ブランド買取なら高価買取の「ロデオドライブ」へ

宅配買取全国対応

045-900-2048

【受付時間】10:30~19:30

無料LINE査定実施中!

COLUMN

2022.04.08 (最終更新日2022.04.11)

大人気!ルイヴィトンのリュックまとめ。特徴や種類、おすすめモデルを解説!

ルイヴィトンというとハンドバッグを思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、実はリュックの種類も豊富で、性別や年齢を問わず多くの人に支持されています。

この記事では、ルイヴィトンのリュックの特徴や種類、おすすめのモデルについて解説していきます。

ルイヴィトンとは

「ルイヴィトン」は、1954年に一流のトランク職人として仕事をこなしていたルイ・ヴィトンが、「旅」をコンセプトとして創業した高級ブランドです。

創業当初は主に旅行用のトランクを取り扱っていましたが、ルイ・ヴィトンの息子であるジョルジュ・ヴィトンが事業を拡大し、世界的なブランドに成長させました。1997年にはブランドのクリエイティブディレクターとして、有名なファッションデザイナー、マーク・ジェイコブスが抜擢されています。

なお、日本へ上陸したのは1978年のことでした。もともと世界中で人気のあったルイヴィトンは、日本でも多くの注目を集め、瞬く間に人気ブランドとなりました。

ルイヴィトンのリュックの種類

ルイヴィトンのリュックは、とにかく種類が豊富にあります。ミカエル、ディスカバリー・バックパック、クラプトン・バックパック、スプリンター・バックパック、ジョッシュなど、名前を挙げればきりがありません。どれもそれぞれに個性があり、好みのリュックが見つかるはずです。

ここからは、数あるルイヴィトンのリュックのなかから「モンスリ」「クリストファー」「パームスプリングスバックパック」「スペロン」をピックアップして解説します。

モンスリ

モンスリは、ルイヴィトンが本店を構えるパリの14区に位置する「モンスリ公園」から名付けられたといわれています。マチを広くとり外側にはチャック付きのポケットを施した、収納力のあるデザインです。

開閉部分が巾着式なので荷物が探しやすく、ショルダーの長さの調節もできるなど、実用性の高さも魅力の1つです。

初代モンスリは1994年に発表され、コーディネートしやすいオーソドックスなフォルムが人気を集めて一世を風靡しました。オリジナルのモンスリから派生した新作も発表されており、現在でも多くのファンがいるシリーズです。

クリストファー

クリストファーは男性のビジネス使用におすすめのシリーズです。両サイドに大きめのポケットが施されたデザインで、内側には2つのパッチポケットの他、iPod用ポケット、ファスナー式ポケット、ペンループまであります。細かいものまで収納できる仕様があるので、ビジネス利用にぴったりといえるでしょう。

また定番のモノグラムの他に、エピやダミエ・グラフィット、オーストリッチなど、さまざまなラインが展開されており、自分好みのリュックを探せる点も特徴です。

パームスプリングスバックパック

2016年に発表されたパームスプリングスバックパックは、海外セレブが愛用していたことで人気を博しました。そのままバックパックとして使用できるのはもちろん、ショルダーストラップを使用してショルダーバッグとしても利用できる2way仕様です。

ストラップはパット付きでキルティング加工が施されているため、長時間背負っていても肩が痛くなりにくくなっています。ファスナー部分を改良した旧型と新型がありますが、旧型は生産終了となっています。

スペロン

地中海コルシカ島のビーチから名付けられたスペロンは、コンパクトなサイズ感が特徴です。例えば、ちょっとした外出時に必需品のみ持って出かけたいときや、旅行先でホテルに荷物を置き近隣を散策したいときなどにちょうどよいサイズとなっています。

現行モデルはダミエ・アズールラインから出ており、爽やかな印象です。内装は可愛らしいピンク色となっており、荷物を出し入れするたびにピンク色が目に入り、気持ちを明るくしてくれるでしょう。

ルイヴィトンのリュックの特徴

なぜルイヴィトンのリュックはこれほどまでに多くの人気を集めるのでしょうか。ここからは、ルイヴィトンのリュックの特徴について解説します。

大容量で荷物が多い人の味方

ルイヴィトンのリュックはマチがしっかりあるデザインの多いことが特徴です。マチがしっかりあると、見た目の印象よりも多くの荷物を入れられるので、荷物が多い人も使いやすいでしょう。背中に背負うことで、重い荷物でも手に持つよりも負担が軽減されます。

また片方の肩にかけて使用するショルダーバッグは片方に重心が傾きがちで、バッグをかけているほうの肩が凝りやすくなります。一方、リュックは両肩にかけるため、片方の肩だけが凝ることもありません。

ルイヴィトンの好きな素材でコーディネートできる

ルイヴィトンのリュックは定番のモノグラムはもちろん、軽やかな印象のダミエ・アズール、男性のビジネスシーンにもマッチするダミエ・グラフィット、シックでエレガントな雰囲気のモノグラム・アンプラントなど多くのラインから出ていることも特徴です。

種類が豊富なうえに素材もさまざまあることで、自分好みのリュックが見つかりやすくなります。同じデザインでも、ラインが違うとだいぶ印象は変わるでしょう。プライベート用やビジネス用などシーンに合わせて使い分けるのもおすすめです。

両手が空くので便利

リュックは両手が空くので便利に使えることも特徴です。小さい子どもを持つ女性をはじめ、自転車通勤をする人、ミセス世代など幅広い年代の人におすすめできます。

前述したとおり、ルイヴィトンのリュックには多くのモデルラインがあるため、使いやすいサイズ・デザインのアイテムを見つけやすいでしょう。迷ったときはオーソドックスなタイプが1つあるだけでも重宝します。

ルイヴィトンのおすすめリュック10選

種類が豊富で自分に合ったアイテムを見つけられるルイヴィトンのリュックは、容量や便利さもなど魅力が満載です。最後に、魅力が詰まったルイヴィトンのおすすめリュック10選をご紹介します。

パームスプリングス バックパック PM (M44871)

モノグラム・キャンバスの大きめデザインバックパックです。外側にチャック付きポケットが1つというシンプルなデザインで、モノグラム柄の存在感をアピールできます。パット付きのストラップで荷物の重さによる負担をやわらげてくれます。ビジネスシーンでも使いやすいデザインです。

ディスカバリー バックパック (M30230)

モノグラム・キャンバスとタイガ・レザーを組み合わせたバックパックです。タイガ・レザーはまさに針葉樹のような繊細な模様で、ルイヴィトン初のメンズラインとして誕生した素材です。

パッと見ただけでは無地のレザーに見えますが、しっかりルイヴィトンらしさがあしらわれているバックパックとなっています。

クラプトン・バックパック ダミエ・エベヌ(N42259)

ダミエ・エベヌに上品なカラーレザーを組み合わせたバックパックです。創業初期から使用されているクラシカルなダミエ・キャンバスと品のよいベージュカラーのレザー、そしてゴールドの金具が、なんとも高級感のある組み合わせです。

ショルダーストラップを外してハンドバッグにすることもでき、2つの違った表情を楽しめる一品です。

バックパック タイガラマ(M30417)

シンプルなタイガ・レザーとクールな印象のモノグラム・エクリプス・キャンバスを組み合わせたモデルです。素材感に加えて長方形のシルエットがスタイリッシュなコーディネートを実現してくれます。

両サイドにはコンパクトなポケットがあしらわれており、ちょっとした必需品を入れておけるので実用性も高いでしょう。

モンスリ NM BB モノグラム(M45502)

モノグラム・キャンバスを使用し、オリジナルのモンスリから着想を得て誕生した一品です。全体的に無駄のないデザインで、長めのドローストリングがどことなくキュートな印象にしています。

どのリュックを選ぼうか迷った場合は、まずはサイズやデザイン的にも使いやすいこちらを選ぶとよいかもしれません。

ディーン・バックパック モノグラム・マカサー(M45335)

モノグラムとマットな黒レザーを組み合わせた、モノグラム・マカサーのシックなバックパックです。ノートパソコンも収納可能なサイズで、外側には大きめサイズのファスナー付きポケット、内側には3つのポケットが施されています。

大容量でスポーティーな雰囲気のあるデザインは、ビジネスやジムなど、あらゆるシーンにマッチします。

マウンテン・バックパック(M45603)

個性的で遊び心が詰まったバックパックは、「Louis Vuitton2054」カプセル・コレクションの第2弾として発表されました。ブラック地にグレーの立体的なモノグラムが施された素材はナイロンでできており、軽くて使い心地抜群です。

片側のサイドにデザインされているポケットは取り外しが可能で、スリングバッグとして単体で使用することもできる優れものです。

ドーフィーヌ・バックパック モノグラム(M45142)

ルイヴィトンの定番バッグであるドーフィーヌをアーティスティック・ディレクターの二コラ・ジェルスキーがバックパックに再解釈したアイテムです。

定番モノグラムにベージュ系のモノグラム、カーフレザーのトリミングという落ち着いた雰囲気のバックパックは、年齢を問わず持ちやすいでしょう。留め具がマグネット式で、開閉も簡単です。

キャンパス・バックパック ダミエ・アンフィニ(N40306)

上質なトリヨンレザーを使用したダミエ・アンフィニ・レザーが、モダンな雰囲気を演出しています。「ヴィトン感」をあまり出したくない人も持ちやすいのではないでしょうか。

エンボス加工のダミエ模様が特徴的で、フロントポケットはiPadを収納できるサイズ感となっており収納力も満足できるはずです。

ロックミー バックパックミニ(M54573)

ブラックのソフトカーフレザーで作られた非常にシンプルなバックパックです。ゴールドのLVの金具が映えるデザインで、デザイン的にもカラー的にもあらゆる服装に合わせやすいでしょう。

内側にはポケットがついており、細かい荷物を入れられます。

※こちらは生産終了品なので、お求めの際は中古市場で探してみてください。

大人気のルイヴィトンのリュック

ルイヴィトンのリュックには多くの種類があり、さまざまなラインから発表されているので好みのアイテムが見つかるはずです。これからルイヴィトンのリュックをお求めの人はこの記事をぜひ参考にしてください。

もしお手持ちのルイヴィトンのバッグを売却することをお考えであれば、ロデオドライブにお任せください。ルイヴィトンのリュックは安定して高い人気を集めており、納得の売却が実現するかもしれません。無料のLINE査定ビデオ通話査定も実施しているので、ぜひ利用してみてください。

ロデオドライブのルイヴィトンの買取実績はこちら

簡単査定で買取価格をチェック

ブランド買取が初めての方におすすめ



今月のキャンペーン