ダイバーズウォッチを徹底解説。選び方からおすすめモデルまで紹介-ブランド買取なら高価買取の「ロデオドライブ」へ

宅配買取全国対応

0120-437-610

【受付時間】10:30~19:30

無料LINE査定実施中!

COLUMN

2021.11.15 (最終更新日2021.11.15)

ダイバーズウォッチを徹底解説。選び方からおすすめモデルまで紹介

ダイバーズウォッチはスポーティなデザインと実用性の高さから、多くの時計ファンの人気を集めています。マリンスポーツなど趣味で使用するために購入するだけでなく、おしゃれを楽しむためにあえてダイバーズウォッチを選ぶ人も少なくありません。

とはいえ、ダイバーズウォッチは数多くのブランドから発表されているため、どれを選べばよいのか迷っている人もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、おすすめのダイバーズウォッチや選び方について解説します。

ダイバーズウォッチとは?

ダイバーズウォッチとは防水性・防圧性に優れ、ダイバー向けの機能が備わっている時計のことです。普段使いはもちろん、ダイビングやサーフィン、水泳などでも使えます。

一般的な時計にも防水機能が備わっているものはありますが、それはあくまでも日常生活のなかでの防水のことです。ダイバーズウォッチの防水機能とは全く違うものと考えた方がよいでしょう。

また、ダイバーズウォッチには潜水時間を計測できる 機能が搭載されていたり、暗い海のなかでも正確な時間を把握できる夜光塗料が施されていたりするのも特徴です。

ダイバーズウォッチの選び方

ダイバーズウォッチを普段使い用に購入する人は、デザイン重視で選んでも問題ありません。しかし、本格的なマリンスポーツを楽しむために着用するなど実用的な使い方をしたい人は、まず防水性をチェックします。

例えば、200m防水はサーフィンなどのマリンスポーツであれば対応できますが、本格的なダイビングには難しい防水性です。本格的なダイビングで着用したい場合は、300m防水以上のものを選びましょう。ただし、300m防水であっても深海まで潜水する飽和潜水には対応していません。500m防水以上になると深海での作業を行うことも可能になります。

おすすめの高級ダイバーズウォッチ10選

ここからは、おすすめの高級ダイバーズウォッチ10選を紹介します。マリンスポーツ時だけ着用するのはもったいない、おしゃれなデザインが豊富です。機能性、デザイン性ともに優れた高級ダイバーズウォッチなら、時計の楽しみ方が広がります。

ロレックス サブマリーナ

ロレックス サブマリーナは、1953年世界初のダイバーズウォッチとして開発されました。回転ベゼルを搭載した防水性の高いダイバーズウォッチは瞬く間に注目を集め、多くのファンを魅了します。開発当初は100m防水でしたが、そこから改良が加えられ現在では300m防水となりました。

サブマリーナには、カレンダー搭載の「デイト」とカレンダーを搭載していない「ノンデイト」の2種類があります。どちらもスイス公認のクロノメーター検査協会によるテストに合格した高精度なCal.31系のムーブメントを採用しており、品質の高さも人気を集める理由のひとつです。

高級腕時計にふさわしい機能性もさることながら、洗練されたデザインも魅力です。デザインは誕生当時からほとんど変わっておらず、誕生した時点で完成されたデザインだったことが分かります。

ロレックス シードゥエラー

ロレックス シードゥエラーは深海遠征用のダイバーズウォッチとして1967年に発表されました。発表当時すでに深海4,000フィート(1,220m)という驚異の防水機能を備えていた、まさに深海を制覇した時計です。

もともと優れた防水性能を備えたシードゥエラーですが、2008年にシードゥエラーのハイエンドラインとしてディープシーが発表されます。ディープシーはそれまでの防水性能をさらに上回る、深海12,800フィート(3,900m)までの防水機能を備えたダイバーズウォッチです。

シードゥエラーはオイスタースチールとブラックのダイアルが特徴でしたが、ディープシーには深海を思わせるディープブルーのダイアルのモデルが加わりました。どのモデルも機能性の高さと優れたデザイン性が魅力です。

オメガ シーマスター

オメガのダイバーズウォッチとして有名なのが、シーマスターです。その歴史は第二次世界大戦中にイギリス軍向けに開発したマリーンから始まります。シーマスターは1948年に、マリーンを改良した一般向けのダイバーズウォッチとして誕生しました。

シーマスターにはアクアテラやダイバー300Mなど、いくつものモデルがあります。例えば、アクアテラはシンプルながらエレガントな雰囲気で、普段使いしやすいデザインが魅力です。ダイバー300Mは海の風景とマッチするスポーティなフェイスが魅力になっています。

また、シーマスターの防水性は、150m防水から1200m防水までモデルによって幅広いのが特徴です。自分のニーズに合わせて、選ぶとよいでしょう。

タグホイヤー アクアレーサー

時計の本場、スイスで誕生したブランドでありながら、手の届きやすい価格帯の腕時計が揃っているのがタグホイヤーです。比較的購入しやすい価格のブランドですが、1892年に懐中時計用防水ケースで特許を取得している実力派です。

アクアレーサーはタグホイヤー唯一のダイバーズウォッチとして発表されています。ダイバーズウォッチとして納得の300m防水を備え、視認性と耐久性にも優れているのが魅力です。夜光塗料はインデックスとベゼルに塗布され、ベゼルは耐久性の高いセラミックを使用しています。

ダイナミックなデザインで独特な存在感を持つアクアレーサーは、デザイン・性能・価格どれをとっても満足感の高い人気シリーズとなっています。

IWC アクアタイマー

IWCでもダイバーズウォッチのコレクション、アクアタイマーが展開されています。アメリカでダイビングが一大ブームとなっていた1960年代に、防水性能の高い腕時計の需要を満たすかたちで誕生しました。

アクアタイマーにはセーフダイブシステムという独自の機能があります。セーフダイブシステムはアウターベゼルとインナーベゼルそれぞれのデメリットをカバーして計測ミスを防ぐ機能です。セーフダイブシステムが搭載されていることで、より安全な潜水ができるようになりました。

また、ダイバーズウォッチに欠かせない夜光塗料をグリーンとブルーの2色にすることで、視認性にも優れています。

パネライ サブマーシブル

イタリア海軍に向けてパネライが開発したダイバーズウォッチがサブマーシブルです。圧倒的な存在感と視認性を備えたデカ厚時計サブマーシブルは、軍事用時計を制作していたからこそ誕生した個性といえます。

サブマーシブルは、パネライがすでにダイバーズウォッチとして発表していたルミノールコレクションから独立したコレクションです。ルミノールは時計に施している夜光塗料の名前で、パネライが開発した高品質な夜光塗料として注目されていました。

サブマーシブルのコンセプトはサバイバルツールとされており、まさにサバイバルに適した堅牢さと機能性の高さを誇ります。デカ厚でありながら飽きの来ないデザインで、どんな冒険にも連れて行きたくなるでしょう。

オーデマピゲ ロイヤル オーク オフショア

世界三大時計ブランドの1つとされるオーデマピゲのダイバーズウォッチが、ロイヤル オーク オフショアです。1972年に誕生した100m防水のロイヤル オーク オフショア クロノグラフと、1992年に誕生した300m防水のロイヤル オーク オフショア ダイバーがあります。クロノグラフは若々しくスポーティな印象に、ダイバーの方はすっきりとスタイリッシュな印象になっています。

ロイヤル オーク オフショアは初代のロイヤルオークを元に、エマニュエル・ギュエという若手デザイナーがデザインを手がけたダイバーズウォッチです。八角形のベゼルがトレードマークだったロイヤルオークを、大胆かつ個性的に発展させたデザインが特徴になっています。

セイコー プロスペックス マリーンマスター プロフェッショナル

現在はプロスペックスにラインナップされているマリーンマスターは、セイコーの数あるダイバーズウォッチのなかでも高い人気を誇っています。プロも認める優れた防水性と、日常使いしても違和感のないデザインが魅力です。

マリーンマスターは1965年に初めての国産ダイバーズウォッチとして誕生しました。今では、世界中のプロダイバーから信頼されています。セイコーのダイバーズウォッチの優秀さは、IOS(国際標準化機構)、JIS(日本工業規格)の規格の手本になっているほどです。世界の高級腕時計ブランドに劣らない国産のダイバーズウォッチにも注目してみましょう。

ブライトリング スーパーオーシャン ヘリテージ

パイロットウォッチのイメージが強いブライトリングですが、ダイバーズウォッチも手がけています。スーパーオーシャンは1957年にプロダイバーに向けて開発されました。そして、スーパーオーシャンから派生して誕生したのが2007年にスーパーオーシャンの誕生50周年記念として発表されたヘリテージコレクションです。

200m防水~2000m防水までの幅広いラインナップがあり、デザインもクロノグラフとシンプルな3針タイプのモデルがあります。ブライトリングの定番であるスポーティなクロノグラフと、シンプルでフォーマルシーンでも違和感のない3針タイプのオートマティック、一見相反する印象がありますが、どちらも共通して気品あふれるフェイスが揃っているといえるでしょう。

ロンジン レジェンドダイバー

ロンジンが1960年代に発表したダイバーズウォッチを再現したのがレジェンドダイバーです。どことなくレトロな雰囲気が漂うフェイスが時計ファンの心をくすぐるのではないでしょうか。外観はレトロですが、ロンジンの歴史とともに積み重ねた確かな性能を備えています。

300m防水にサファイアクリスタルガラス、マーカーや針にスーパールミノバを施した優れた視認性など、実用性は高いものの手に入れやすい価格帯になっていることも魅力です。

スーツにもカジュアルにもおすすめのダイバーズウォッチ

さまざまな時計ブランドが機能性・デザイン性に優れたダイバーズウォッチコレクションを発表しています。それぞれに特徴的な魅力があるため、手持ちのダイバーズウォッチを売却して新たに購入したいと考えている人もいるかもしれません。

ダイバーズウォッチの売却を考えているなら、1954年創業のロデオドライブにお任せください。買取から販売までトータルサービスを提供することで手数料を省き、買取価格アップを実現してきました。

初めてご利用になるお客様にも安心していただけるように、リアルタイムで買取価格がわかる「無料LINE査定」や品物を送るだけで簡単に査定できる「宅配買取」などのサービスも実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

時計の買取実績はこちら

簡単査定で買取価格をチェック

ブランド買取が初めての方におすすめ



今月のキャンペーン