大人気!ロレックス エアキングを徹底解説-ブランド買取なら高価買取の「ロデオドライブ」へ

宅配買取全国対応

045-900-2048

【受付時間】10:30~19:30

無料LINE査定実施中!

COLUMN

2020.08.07 (最終更新日2022.05.11)

大人気!ロレックス エアキングを徹底解説

1940年代に誕生したエアキングは、現行ロレックスの中でも一番歴史あるペットネームとして多くの人に親しみを持たれています。プライベートに限らず、ビジネスシーンでも使用でき、活用度の高いルックスが魅力です。そこでこの記事では、エアキングをすでに手元に持っている人や購入を検討している人に向けて、エアキングの概要や販売価格、買取相場価格を詳しく解説していきます。

ロレックス エアキングとは

ロレックスのエアキングとは、2014年に誕生した古くから受け継がれているペットネームです。ロレックスの入門機として親しまれていましたが、2014年に他のモデルに統合され、文字盤から「Air-King」の名前が消え、事実上生産終了してしまったのです。
しかし、2016年にロレックスが新しい形でエアキングを発表し、再び登場したのです。前回よりも、スポーツテイストを強調するなどデザインや機能、サイズをすべてリニューアルし、他のモデルにはない個性的なデザインに変更したのです。

ロレックス エアキングの基本情報と歴史

ロレックス エアキングの基本情報とこれまでの歴史を以下でまとめています。

基本情報

エアキングは、今あるロレックスのモデルのなかでも、歴史のあるペットネームを持つものとして扱われています。1940年代に登場した初代モデルから2016年までのロレックスはスポーツロレックスとして扱われていなかったのです。しかし、2016年からのエアキングよりスポーツテイストの強いものとして独立シリーズを展開しました。

歴史

エアキングがはじめて生産されたのは1940年代後半です。その当時は、飛行機が進化したことで、長距離飛行がスタートした頃です。それによって、エアキングはパイロットをターゲットにつくられていました。最初に登場したエアキングである「Ref.5500」は1940年代後半に発売してから1988年になるまで、部分的なモデルチェンジを繰り返しながらも、多くの人に愛され続けてきたのです。
「Ref.5500」は、デイト表示がない仕様でしたが、なかにはデイト表示ありのものも生産され、貴重価値の高いものとして扱われています。1990年頃からは、「Ref.14000」が誕生しました。前モデルと同様デザインはシンプルですが、ハイビートのムーブメントに変わったことで、さらに正確に時が刻まれるようになったのです。
2000年頃より「Ref.14000M」が登場、2007年には「Ref.114200」などが誕生します。そして、2014年一旦生産終了となりますが、2016年に「Ref.116900」として新しいモデルが生まれました。

ロレックス エアキングの特徴

「エアキング」という名前は、現在のパイロットウォッチスタイルを意識したデザインにも影響されています。新しいモデルである「Ref.116900」は、文字盤デザインにインパクトがあることが特徴です。

ロレックス エアキングのこだわり

ロレックス エアキングのこだわりを「ケースの大きさ」や「デザイン性」などにわけて詳しく説明します。

ケースの大きさ

ケースの大きさは、旧モデルのエアキングはケース径34mmでした。それに対して、新型モデルの「Ref.116900」は40mmと拡大されています。それによって、新型モデルは、大きくワイルドな印象に仕上がっており、見た目のインパクトも向上しています。

デザイン性

「Ref.116900」はサイズが変更されたことによりダイヤル面も広くなりました。そして、5分ごとの目盛りも追加されたのです。旧モデルは豊富なダイヤルカラーが特徴的でしたが、新型モデルからブラックのみの仕様となりました。

耐磁性能をもつムーブメント

ムーブメントは、ゼンマイにブルーパラクロムヘアスプリングなどを装備したことでパソコンなどのデバイスから放たれる磁気の影響を受けにくくなっています。脱進機のガンギ車においては、ニッケル・リン合金製であることから、耐磁性能の向上につながっています。しかし、耐磁性能は公式発表されていないため、各自確認が必要です。

リーズナブルな価格設定

エアキングはリーズナブルな価格設定であることが魅力です。スポーツ系のモデルのなかでは低い価格設定で、例えばミルガウスよりも20万円近く価格が低いのです。そのため、ロレックスのモデルのなかでも比較的購入しやすいモデルだといえます。

ロレックス エアキングの販売価格

現行モデルの「Ref.116900」の並行店販売価格はおおよそ70~80万円台(2020年8月時点)となっています。ちなみに、同じ耐磁モデルであるミルガウスの販売価格は約80~100万円台で、耐磁仕様でないエクスプローラー2は約95~110万円台になります。ほかのスポーツ系モデルと比べると、価格設定が抑えられていることが分かります。

ロレックス エアキングの買取相場価格

現行のロレックス エアキング Ref.116900の2020年8月時点での買取相場価格は、状態にもよりますがおよそ60万円前後になります。人気モデルであることから需要も高いため、買取相場も高値で安定していることが特徴です。この価格帯で買い取ってもらうには、「国際保証書などがついており外装・内部機能に問題がない」「保証書にしっかりと販売元のスタンプがある」「保証書の日付が比較的新しい(一年以内程度)」などが条件になる場合があります。

また、買取店が提示している上限金額においては、「購入後1カ月以内の未使用であること」など多少厳しい条件がセットになってくる場合も見受けられます。高価買取するためには、事前にモデルや保証書がついているか、動作は正常かなどをしっかりと確認しておくことが大切です。

効率よく買取価格が分かる方法をご紹介

買取価格を効率よく知ることができる方法はひとつではありません。今回はそのなかで宅配買取と店頭買取、また近年人気のLINEによる無料査定やビデオ通話査定について取り上げます。

宅配買取について

家に居ながらにして時計を買取してもらえるのが宅配買取です。なかなか店舗まで足を運べない、買い取ってもらいたい品物が多いなどのケースで便利に利用できます。

◎宅配買取の手順

1.無料宅配買取キットサービスに申し込む ⇒ 2.買い取ってもらいたい時計を梱包して送り返すと、到着したその日のうちに査定結果をお知らせ ⇒ 3.買取価格に問題がなければすみやかに口座へ入金

店頭買取について

店頭買取は文字通り時計や貴金属などの買取を専門にしている店舗へ直接持参する方法です。その場で査定してもらえるのはもちろん、支払いも現金で受け取ることができます。もし、店頭に気に入った品物があれば、買取してもらった分を資金にして購入できるところもメリットです。

無料LINE査定について

無料LINE査定なら、買取してもらうかどうか決めかねている場合や、とりあえず値段が知りたいときに、おおよそどのくらいの買取価格になるか把握することができます。無料LINE査定では品物の写真を撮影して、トークで送信するだけで査定結果がわかります。

ビデオ通話査定について

ビデオ通話査定は、LINE査定よりもう少し詳しく買取価格を知りたい方向け。スマートフォンやタブレット、PCのカメラを使って、ビデオ通話しながらリアルタイムで査定を依頼できます。電話やメールでは相談しづらい細かな相談がしやすく、査定してほしいものがたくさんあるときなどにおすすめ。

当社ロデオドライブでは、上記にご紹介した様々な買取サービスをすべて行っています。お持ちのエアキングの買取価格が気になる場合は、ぜひお気兼ねなくご相談ください。

簡単査定で買取価格をチェック

ブランド買取が初めての方におすすめ



今月のキャンペーン