ルイヴィトンで人気の長財布とは?特徴や種類、おすすめモデルまで紹介します!-ブランド買取なら高価買取の「ロデオドライブ」へ

宅配買取全国対応

045-900-2048

【受付時間】10:30~19:30

無料LINE査定実施中!

COLUMN

2022.04.15 (最終更新日2022.04.15)

ルイヴィトンで人気の長財布とは?特徴や種類、おすすめモデルまで紹介します!

ルイヴィトンといえばバッグが有名ですが、小物も人気があります。なかでも日常で使いやすく、メンズ・レディース問わず持てる長財布が人気です。

この記事では、ルイヴィトンで人気の長財布の特徴や種類、おすすめモデルを紹介します。長財布は自分用に購入するのはもちろん、プレゼントにもぴったりなので参考にしてみてください。

ルイヴィトンの長財布とは?

高額なアイテムがそろうルイヴィトンの中で、比較的取り入れやすいのが財布です。ルイヴィトンには、長財布と二つ折り財布や三つ折り財布などのコンパクトタイプの財布があります。

長財布は定番アイテムとなっているため、ルイヴィトンデビューは長財布だったという人もいるのではないでしょうか。

ルイヴィトンの長財布には、ジッパーで開閉するタイプとスナップボタンで開閉するタイプの主に2種類があり、デザインや使いやすさなどの好みに合わせて選べます。

ルイヴィトンの長財布の特徴

ルイヴィトンの長財布は定番の人気アイテムで、ルイヴィトンデビューのアイテムやプレゼントとしてもよく選ばれています。長財布は他のハイブランドでも展開していますが、なぜルイヴィトンの長財布はこれほど人気を集めるのでしょうか。

ここからは、ルイヴィトンの長財布の人気の理由ともいえる、特徴を紹介します。

特徴①優れたデザイン性

ルイヴィトンにはデザイン性の高いラインが複数あります。例えば定番のモノグラム、クールな印象のダミエ、シンプルで取り入れやすいエピ、美しい質感が魅力のヴェルニなどです。

もちろん長財布にもこれらの素材を使用しており、普段の生活にルイヴィトンならではの美しさを取り入れられます。

また、個性的なデザインを施したモデルも多数発表されています。大胆なデザインのルイヴィトンを持ってみたいけれど、バッグはコーディネートするのが難しそうと諦めている人も、長財布であれば挑戦しやすいのではないでしょうか。

メンズにおすすめのライン

ビジネスシーンでの使用を考慮すると、使いやすいラインが限られてしまうと感じる男性もいるかもしれません。定番のモノグラムやダミエも男性・女性問わず違和感なく持てるラインですが、他にもおすすめのラインがあります。

例えばシンプルなタイガは、「ヴィトン感」をあまり出したくない人にぴったりです。ダミエ・グラフィットやダミエ・コバルト、ダミエ・アンフィニであれば、主張しすぎずルイヴィトンを楽しめます。またカラフルなイメージのエピも、ノワール(黒)ならビジネスシーンになじみます。

特徴②日常使いでも安心の耐久性

ほぼ毎日使用する長財布は、耐久性も重要なポイントとなります。ルイヴィトンは素材にもこだわっており、耐久性が高いことも人気を集める理由の一つです。

例えば定番ラインのモノグラムやダミエには、「トアル地」を使用しています。トアル地とは、PVC(塩化ビニール)でエジプト綿をコーティングした高級生地です。

表面がビニールでコーティングされているため、防水性が高く傷もつきにくいのが特徴です。薬品にも強く、安心して日常使いができます。

特徴③豊富なバリエーション

ルイヴィトンの長財布は前述したとおり、開閉方式の違いや使用している素材ラインの違いの他にも豊富なバリエーションがあります。

留め具部分のデザインに注目してみても「L&Vモチーフのシグネチャー」「S字型ロック」など、さまざまなタイプがあり、同じラインの長財布でも留め具部分が異なるだけでパッと見たときの全体の印象が全く異なります。

また次の段落でも紹介するようにモデルも多種多様で、自分好みの長財布を見つけられるでしょう。

長財布の人気コレクション

ルイヴィトンの長財布と一口に言っても、色々な種類があります。ここからは、ルイヴィトンの現行ラインナップ(2021年12月時点)の中から人気の長財布を紹介します。

ジッピーウォレット

ジッピーウォレットは、オーソドックスなラウンド型のファスナー開閉式長財布です。長財布はかさばるイメージがある人でも使いやすい、シンプルでスリムなフォルムが特徴です。

性別問わず使いやすいデザインとカラーで、ちょっとした買い物にそのまま持ち歩いても違和感がありません。

ファスナー式コインケースや12カ所のカード用ポケットなど、収納力も抜群です。内側のカラーは「ブラウン」「コクリコ」「フューシャ」「ローズ・バレリーヌ」の4色から選べます。

ジッピーウォレット・ヴェルティカル

ジッピーウォレット・ヴェルティカルはメンズ向けモデルです。モノグラム・エクリプス、ダミエ・グラフィットといったシックなラインが多いのが特徴となっており、デザインもシンプルなのでビジネスシーンでも使いやすいでしょう。

中でも注目したいのが、日本人デザイナーのNIGOがデザインした日本限定のモデルです。フォーマルなイメージのネイビーブルーのトリヨンレザーと、カジュアルなイメージのブルーデニムを組み合わせた大人カジュアルな長財布です。

ジッピー・ドラゴンヌ(N60379)

ジッピー・ドラゴンヌは取り外し可能なリストストラップが付属されています。携帯電話が2台収納できるほどのゆとりあるサイズで、サイドにファスナー付きコンパートメントと12カ所のカード用ポケットがデザインされています。

特にダミエ・グラフィット キャンバス生地を使用したN60379は、シックな印象でビジネスシーンにもぴったりです。十分な収納スペースがあるので使い勝手もよいでしょう。

ポルトフォイユ・ブラザ

ポルトフォイユ・ブラザの特徴は、シンプルな二つ折り長財布である点です。スーツのポケットに入れても邪魔にならないスリムなデザインとなっています。財布を開くと内側にファスナー付きコインケースがデザインされており、小銭も収納可能です。

カジュアルなモノグラム・キャンバス、ポップなプリントを施したモノグラム・キャンバス、大人っぽいエピなど多彩なラインが展開されています。

ポルトフォイユ・サラ

クラシカルなデザインが上品な雰囲気を醸し出すポルトフォイユ・サラ。絶妙なバランスのエンヴェロップ型フラップには、ルイヴィトンの刻印がされたスナップボタンが施されています。

定番のモノグラムラインのほか、ビジネスシーンにもなじむエピ、フレッシュでエレガントな雰囲気のダミエ・アズールなどもあります。ファスナー式コインケースや2つのマチ付きコンパートメント、12カ所のカード用ポケットなど、収納力も抜群です。

ポルトフォイユ・カプシーヌ

ポルトフォイユ・カプシーヌは、ラインごとに違ったコーティングがされたLVシグネチャーが特徴です。カプシーヌは初めてルイヴィトンの店舗が建てられたパリのカプシーヌ通りから名付けられたラインで、ルイヴィトンの象徴ともいえます。

デザイン自体はシンプルですが、トリヨンレザーを採用したシンプルなタイプやアリゲーター素材のワイルドな印象のものまであり、個性をアピールすることも可能です。

ポルトフォイユ・クレマンス

ポルトフォイユ・クレマンスも、ジッピーウォレットに並ぶ定番の人気モデルです。モノグラムやダミエ、モノグラム・アンプラントなど素材やカラーが豊富な点も人気の理由となっています。

ジッピーウォレットとよく似ていますが、クレマンスはジッピーウォレットよりも高さが若干低くコンパクトな印象です。カード用ポケットは8つで仕切りも少ないため、財布の中身はいつもスッキリさせておきたい人にぴったりです。

長財布の人気モデル

ルイヴィトンの長財布には多数のコレクションがあることがわかりました。ここからは、ルイヴィトンの長財布の中でもおすすめのモデルを紹介します。種類が豊富で迷ってしまう人は、参考にしてみてください。

ジッピーウォレット(N60046)

ダミエ・エベヌのジッピーウォレット(N60046)は、内側がローズ・バレリーヌというかわいらしいピンク色の仕様となっています。ジッパーを開けるたびに気持ちが明るくなりそうな色使いが魅力です。

カード用ポケット×12、マチ付きコンパートメント×3など収納力が高く、中身を整理整頓しやすいでしょう。

ポルトフォイユ・ブラザ(M62900)

ポルトフォイユ・ブラザ(M62900)は、スタイリッシュなブラックのモノグラム・シャドウの長財布です。さりげないエンボス加工のモノグラムパターンがプライベートでもビジネスでも使いやすいでしょう。

オーソドックスな収納をはじめとして、IDカードや名刺を収納しておけるポケットも施されています。

ポルトフォイユ・クレマンス(M61298)

ジッピーウォレットよりもコンパクトでありながら、機能性も高いポルトフォイユ・クレマンス(M61298)。

シンプルなデザインや内側のライニングは先に紹介したジッピーウォレット(N60046)とよく似ていますが、ジッパーの持ち手にライニング同様ローズ・バレリーヌが採用されているのがポイントです。収納も複数施されています。

ジッピーウォレット・ヴェルティカル(N63095)

ジッピーウォレット・ヴェルティカル(N63095)は、ダミエ・グラフィット×シルバー金具のデザインです。シンプルかつ高級感のあるデザインで、男性がビジネスシーンで使用しても違和感がないでしょう。

4つのアディショナルポケットも施されており、使い勝手も申し分ありません。

最近のルイヴィトン長財布はキャッシュレス対応!

ルイヴィトンの2021年秋冬コレクションとして登場した長財布「スリム パース」は、時代に即したキャッシュレス対応長財布です。圧倒的な薄さが特徴で、定番のモノグラム・キャンバスバージョンとモノグラム・リバース キャンバスバージョンで展開しています。

幅20×高さ11×マチ0.5cmという驚きの薄さですが、カード用ポケット×6、パッチポケット×2、コンパートメント、外フラットポケットと充実した収納スペースのある優秀なスペックです。

カード用ポケットが外側にデザインされていることで財布を開けてクレジットカードを探して……といったちょっとした煩わしさから解放される、嬉しいデザインです。

ルイヴィトンの長財布は大人気!

ルイヴィトンの長財布は大きく分けるとジッパーで開閉するタイプとスナップボタンで開閉するタイプがあります。定番のジッピーウォレットをはじめとして、さまざまなモデルが発表されているので、きっとお気に入りのアイテムが見つかるはずです。

ルイヴィトンの長財布は中古市場でも人気が高いため、お手持ちの長財布を売却して新たなモデルの購入資金に充てるのもおすすめです。

1954年創業のロデオドライブでは、ブランド財布の買取・販売も行っています。ルイヴィトンの長財布の売却や購入を検討している場合は、ぜひロデオドライブにお任せください。

ロデオドライブでのルイヴィトン買取実績はこちら

簡単査定で買取価格をチェック

ブランド買取が初めての方におすすめ



今月のキャンペーン