エルメスといえばバーキン!特徴やサイズ展開、おすすめモデルを紹介-ブランド買取なら高価買取の「ロデオドライブ」へ

宅配買取全国対応

045-900-2048

【受付時間】10:30~19:30

無料LINE査定実施中!

COLUMN

2022.08.06 (最終更新日2022.08.06)

エルメスといえばバーキン!特徴やサイズ展開、おすすめモデルを紹介

ブランド品に詳しくなくても、エルメスの「バーキン」という名前は知っているという人は多いのではないでしょうか。バーキンは高価な上に、簡単には手に入れられないことから、世界中の女性の憧れとなっています。

この記事では、バーキンの人気の理由ともいえる特徴や豊富なサイズ展開の詳細、おすすめのモデルなどを紹介します。

バーキンの歴史

1837年にフランスで創業したブランド、エルメスのアイコン的存在となっているバーキンが誕生したのは1984年のことです。当時のエルメス社長、ジャン・ルイ・ドュマが、イギリスの女優ジェーン・バーキンと飛行機で偶然隣り合わせたことがきっかけでした。

母親になったばかりのジェーン・バーキンがバスケットに荷物を詰め込み、自分のニーズを満たすバッグがないことに悩む姿をみて作り出したのがバーキンです。「バーキン」という名前も、ジェーン・バーキンの名前が由来となっています。

バーキンの特徴

バーキンが多くのファンをひきつけるのは、エルメスのバッグだからという理由だけではありません。バーキンには「機能性の高さ」「完成されたデザイン」「希少性」という、3つの特徴があるからです。ここからは、バーキンの3つの特徴をそれぞれ解説します。

特徴その1:機能性の高さ

バーキンはもともと、母親になったばかりでたくさんの荷物を持ち歩かなければならなかった女性のために作ったバッグなので、荷物がたくさん入ります。ハンドルは2本ついているため、たくさん荷物を入れても不安定になりません。

またバッグの中には仕切りがなく、さまざまなサイズの荷物を自由に入れられます。内側にはポケットが施されているので、小物は小物で整理できるのもうれしいポイントです。

さらにバッグの底には4つの鋲を施し、汚れやすい底面を保護することができます。このように細部までこだわった機能性の高さがバーキンの特徴の一つです。

特徴その2:一目でバーキンとわかる完成されたデザイン

バーキンは1984年に誕生して以来、外見上のデザインは変更されていません。一目でバーキンとわかる完成されたデザインとなっており、高いステイタス性があります。

中でも特徴的なのがフラップ部分です。バッグの口をしっかり包み込むフラップにはハンドルを美しく見せるために、2カ所の切り込みが施されています。バッグ上部を一周するようにデザインされているクロア(ベルト)を利用して、フラップを固定するのも特徴的なデザインです。

クロアを固定しバッグの内側にフラップを織り込み、ハンドバッグのように使う人も多くいます。

特徴その3:希少性

バーキンはエルメスのブティックへ行けば誰でも手に入れられるものではありません。バーキンは希少な革を使用し限られた職人の手で製造しているため、店頭にストックしておけるほど大量生産はしていないからです。

ブティックに並ぶのはまれで、基本的には入荷した際に限られた顧客にのみ案内する形です。仮にエルメスでショッピングをし続けて、バーキンの入荷を案内してもらえる限られた顧客になれたとしても、希望通りのモデルを案内されるとは限りません。

ブティックでバーキンを購入するのは非常に困難といわれるほど、希少性が高い点も特徴です。

バーキンのサイズ展開

バーキンには複数のサイズがあり、日本で入手できるのは主に以下の4種類です。「バーキン45」「バーキン50」「バーキン55」も販売されていますが、バーキン40以上のサイズは日本ではほとんど手に入らないといわれています。なおバーキン45以上のサイズでは、通常4つの底鋲が6つになります。

ここからは日本で入手しやすい4種類のサイズを紹介します。

ちょっとした外出に バーキン25

バーキン25は、バーキンのサイズ展開の中でも横25cm×縦20cm×幅13cmとコンパクトなサイズです。とはいえ、横幅は25cmありマチも広いので長財布も収納できます。スマートフォンやハンカチ、財布などの必需品のみ持ち歩きたい人や、ちょっとした外出にぴったりです。

またコンパクトなので主張しすぎず、コーディネートのアクセントとしても使えます。例えば落ち着いた色の服装にビビッドな色のバーキンをプラスするのもおすすめです。普段はベーシックな色ばかり選んでしまうという人でも、新しい色に挑戦しやすいサイズ感です。

使いやすいサイズ感 バーキン30

バーキン30は横30cm×縦22cm×幅16cmとバーキン25よりも一回り大きなサイズ感で、日本人の体格とのバランスが良いことで知られています。スマートフォンや財布、手帳のほかタブレットも入るサイズです。バーキン25はハンドルの長さにゆとりがないため手で持つスタイルがマッチしますが、バーキン30は腕を通して持ち歩けます。

必需品プラスちょっとしたアイテムを入れられるサイズは、日常使いにおすすめです。フォーマルなスタイルにはもちろん、ジーンズ&Tシャツなどのカジュアルなスタイルに合わせても違和感がありません。

ビジネスにもぴったり バーキン35

バーキン35は横35cm×縦25cm×幅18cmとビジネスにもぴったりなサイズ感です。バーキン30よりも一回り大きく存在感があります。必需品やタブレット、手帳のほか500mlのペットボトルもゆとりを持って入れられます。A4サイズもしっかり入るサイズなので、書類やファイルを持ち歩かなければならないようなビジネスシーンでも活躍してくれるでしょう。

普段多くの荷物を持ち歩く人でも、快適に使用できるサイズ感です。日本の芸能界でも多くの人が愛用しているサイズとなっており、人気のあるサイズといえます。

男性にも合うサイズ バーキン40

バーキン40は横40cm×縦30cm×幅21cmと、男性にも合うサイズ感です。しっかりしたサイズなので、男性が持っても違和感がありません。また海外ではあえて大きめのバーキンを持ち歩くセレブも多くいます。

収納力も申し分なく、小旅行であれば旅行バッグとして使うことも可能です。必需品のほかタブレットやマイボトル、コスメポーチなどもゆったり収納できます。ストールやサングラスなど季節によって持ち歩きたいアイテムも入れられるでしょう。服装を全体的にスリムなシルエットにまとめて、バッグを主役にするコーディネートを楽しむのもよいでしょう。

過去のバーキン名作3選

バーキンには期間限定モデルが多数あります。基本的なフォルムは変わらないものの、素材や色が異なることで、まったく違う表情のバーキンを楽しめるのが魅力です。定番のバーキンも使いやすくてよいのですが、期間限定のバーキンにも注目してみましょう。ここで、バーキンの過去の名作を3つ紹介します。

バーキン ソーブラック

2011年に限定発売された「バーキン ソーブラック」は、その名のとおりすべてがブラックで統一されているモデルです。ソーブラックは皆既日食を表現しているため、ブラックが使用されています。

エルメスといえばオレンジ色のボックスが定番ですが、バッグ本体はもちろん、金具、ボックス、保存袋に至るまでブラック一色で統一されたクールな仕様で、非常に人気があります。金具にはPVDという特殊な加工が施されており、エルメスのこだわりが感じられるアイテムです。

バーキンクラブ

「バーキンクラブ」は、3つの異なるカラーが本体の中央にデザインされたバーキンです。3色の部分は、クロコ×レザーなど複数の素材が組み合わされたデザインとなっており、パターンがいくつかあります。

デザイン自体も個性的ですが、異なる素材を組み合わせることで、さらに個性的な印象になります。もちろん日常使いに取り入れやすいカラーの組み合わせもあるため、自分好みのデザインを見つけるのも楽しみの一つとなるでしょう。

バーキンレインボー

バーキンレインボーは、まさに虹色でデザインされた本体が非常に個性的なモデルです。オレンジやイエロー、ピンク、ブルーなど、複数の色を組み合わせていますが、上品にまとまっているのはエルメスならではといえるでしょう。

パーティーシーンで華やかな印象にしたい、季節に合わせて明るいイメージにしたいなど、色を楽しみたいシーンにぴったりです。カラーはオレンジやピンクなどの暖色系のパターンと、レッドやピンクに刺し色のブルーが入ったパターンの2種類あります。

バーキンのその他のおすすめモデルは?

バーキンは、通常モデル以外にも注目したいおすすめのモデルが複数あります。最後に、バーキンのおすすめモデル「バーキン・カーゴ」「バーキン・フォーブル」「バーキン・シャドウ」を紹介します。

バーキン・カーゴ

バーキン・カーゴは本体の外側に5つのポケットが施されたモデルです。ミリタリーウェアから着想を得て作られており、カップホルダーまでついている斬新なデザインとなっています。

機能的なポケットが複数ついているので、内側に大きな荷物を収納してフラップを閉じ、外側のポケットには頻繁に使用する小物を収納するなど、使い勝手が良い仕様です。機能的で軽くてしなやかなバッグは、アクティブに動き回る人におすすめできます。

バーキン・フォーブル

エルメスの第一号店をバーキンで再現した「バーキン・フォーブル」は、個性的でユニークなデザインが特徴です。バッグ本体が建物、フラップが屋根、表面には窓と日除けまでを精巧に再現しています。

なおバーキン・フォーブルには、プレシャスレザーやグレンレザー、スムースレザーといった複数のレザーやさまざまなメタルパーツを使用しています。エルメスのブティックを持ち歩ける、エルメス好きな人には夢のようなバーキンです。

バーキン・シャドウ

バーキン・シャドウは、だまし絵の効果を取り入れた遊び心満載のモデルです。一見するとフラップとベルトがあるように見えますが、実はどちらもレリーフで、本体はトートバッグのようにそのまま口を開けられる非常にシンプルなデザインとなっています。

サイドには本物のベルトが施されており、ベルトを締めると本体の上部もしっかり閉じる仕組みです。

世界中の女性の憧れバーキン

エルメスのアイコン的存在「バーキン」は、機能性の高さや完成されたデザイン、希少性があることから多くの注目と人気を集めています。とはいえブティックに行けば簡単に手に入れられるというアイテムではありません。まずはブティックで何度も買い物をし、入荷を案内してもらえる顧客となる必要があり、入手するのは非常に困難です。

ロデオドライブでは、バーキンの買取はもちろん、貴重なバーキンの販売も行っています。タイミングによっては、探していたバーキンが見つかるかもしれません。お手持ちのバーキンの売却を検討している場合も、無料LINE査定宅配買取を実施しているロデオドライブにお任せください。

ロデオドライブのエルメス買取実績はこちら

簡単査定で買取価格をチェック

ブランド買取が初めての方におすすめ



今月のキャンペーン