大人気!ロレックス スカイドゥエラーを徹底解説!-ブランド買取なら高価買取の「ロデオドライブ」へ

宅配買取全国対応

0120-437-610

【受付時間】10:30~19:30

無料LINE査定実施中!

COLUMN

2021.02.02

大人気!ロレックス スカイドゥエラーを徹底解説!

ロレックスの異端児ともいわれるスカイドゥエラーは「世界を旅する旅行者のために」というコンセプトのもと2012年に発表されたモデルです。その外観から、スポーツロレックスと思われがちですが、クラシックコレクションに分類されるスタンダードモデルです。

ほかとは一線を画す独創的なデザインと高性能であるために、たとえ世界を飛び回るわけではなくても、手にしてみたいというファンが多くいます。この記事では、スカイドゥエラーの持つ魅力を紹介していきます。

「人とは違う特別感のある時計が欲しい」という人にスカイドゥエラーは特におすすめです。

ロレックス スカイドゥエラーとは

ロレックスのスカイドゥエラーの特徴は外観のみならず、ロレックス史上最高とも評される複雑機構にあります。新たに取得した5つを含む14もの特許技術を使用し、ほかのブランドの追随を許さない、圧倒的な技術力を見せつけました。

なかでも時計愛好家たちをうならせたのが、GMT機能とアニュアルカレンダー(年次カレンダー)機能です。GMT機能は第二時間帯がわかる機能で、まさに世界を飛び回る旅行者やビジネスマンのために搭載された機能です。ここにアニュアルカレンダー機能が加わり、旅行者に必要な「時」の全てがシンプルなフェイス上で完結するのです。

また、コンプリケーションモデルでありながら、実用的でユーザビリティに優れた機能を実現したモデルであることも特徴の一つです。

ロレックス スカイドゥエラーの歴史

スカイドゥエラーの登場は2012年までさかのぼります。スイスで開催された世界最大の宝飾と時計の見本市・バーゼルワールドにおいて「世界を旅する旅行者のために」をコンセプトに掲げ、華々しくデビューしました。複雑機構と実用性を兼ね備えたモデルであることから、スカイドゥエラーは世界中に衝撃を与えました。

それから5年後の2017年には、ミドルケースをステンレススチールにした異素材のコンビモデルが発表され、スカイドゥエラーはますます注目を集めることになります。

さらに、2020年には新作の「オイスター パーペチュアル スカイドゥエラー」が登場。このモデルに採用されているオイスターフレックス ブレスレットは、クラシックコレクションの時計でははじめての試みです。

ロレックス スカイドゥエラーの特徴

高級時計のなかでも値崩れを起こしにくく、トップブランドとして確固たる地位を築いているのがロレックスです。そのステータス性もさることながら、実用性の高さも人気の理由の1つです。

今では当たり前のように使われている自動巻きやカレンダー機能も、ロレックスが開発したものだということは広く知られています。常に時代をリードし続け、革新的なアイディアや技術を生み出すロレックスのスカイドゥエラーの特徴を解説します。

第二時間帯の表示機構

スカイドゥエラーの最大の特徴は、時計の真ん中から少しずれたところに位置する第二時間帯の表示機構です。存在感を放つこの表示こそが「世界を旅する旅行者のために」というコンセプトのもとに搭載された機能になります。

海外旅行先では、日本にいる友人や家族への連絡に気を使う人も多いのではないでしょうか。時差が大きすぎる国への旅行だと、日本では何時なのか、計算するのも面倒になってしまします。

第二時間帯が一目でわかれば時差を計算する必要もありません。日本にいる知人にタイムリーに写真を送ったり、連絡を取ったりすることができるでしょう。そんな旅行者への配慮を時計を通して感じさせてくれるのがスカイドゥエラーです。

アニュアルカレンダーを搭載

外観からはわかりませんが、スカイドゥエラーには革新的な技術が組み込まれています。その1つが、アニュアルカレンダー(年次カレンダー)です。このカレンダーは「サロスシステム」と呼ばれ、古代ギリシャの天文現象が開発の由来となっています。

1カ月の日数は2月を除いて30日の場合もあれば31日の場合もあります。そのままだと日付がずれていってしまうので、一般的な腕時計のカレンダーの場合は手動で合わせる必要がありました。しかし、この動作を面倒に感じている人が多くいたのも事実です。

そこで、スカイドゥエラーは、年に一度「2月末日」のみ手動で調整するだけで正確なカレンダー表示ができるアニュアルカレンダーを搭載したのです。年に一度の調整なら煩わしさもなく、調整し忘れることも少なくなるでしょう。

水深100 mまでの防水性を保証

スカイドゥエラーのミドルケースは、ひときわ目を引く特徴的なデザインです。このミドルケースは高い耐蝕性を持つ合金やオイスタースチール、もしくはK18ゴールドの塊から作られています。

オイスターケースはロレックスが開発した機能として広く知られており、完全密閉ケースで水やほこりの侵入を防ぐものです。水深100m(330フィート)までの防水性が保証されています。

ロレックスの専用の工具がなければムーブメントに触れることはできず、まさに鉄壁の守りといったところでしょうか。高度で繊細な技術を頑丈なケースで守ることで、ロレックスの特徴ともいわれる実用性を実現させています。

クラシックコレクション初のオイスターフレックス ブレスレット

スカイドゥエラーの最新作にも、革新的な技術が詰まっています。それは、使い心地の要となるブレスレット部分にあります。

2020年に発表された「オイスター パーペチュアル スカイドゥエラー」にはオイスターフレックス ブレスレットが装備されています。このブレスレットはクラシックコレクションの時計ではじめて採用された高性能エラストマー製です。

ロレックスが特許を取得したオイスターフレックス ブレスレットはしなやかに腕になじみ、耐久性や快適性も秀逸です。メタルブレードで作られたブレスレットをブラックエラストマーでコーティングし、肌に触れる内側部分にはクッションが入っています。

どんなに豪華で高性能な時計でも、着用感がよくなければ使い続けられません。美しく、滑らかなシルエットでありながら、長く使い続けられる工夫がこのブレスレットにはふんだんに施されています。

新型自社ムーブのCal.9001を搭載

スカイドゥエラーに搭載されている最新ムーブメント「Cal.9001」は、合わせて380個の部品から成るロレックス史上最も複雑なムーブメントの一つです。ロレックスが独自開発した自動巻き機械式ムーブメントであり、スカイドゥエラーのために開発されました。

ロレックスが新規開発したムーブメントとしては、2007年発表の「ヨットマスター2」(Cal.4160)以来となり、いかにロレックスがスカイドゥエラーに力を入れていたかが分かるでしょう。

また、複雑機構を実現しているムーブメントでありながら、操作性がシンプルであることも特徴といえます。

実用性を伴ったコンプリケーション

ロレックスといえば実用性が高い時計として世界中に知られているブランドです。しかし、スカイドゥエラーはコンプリケーションモデル(複雑時計)として登場し、ファンの間では賛否がわかれました。
その理由は、コンプリケーションモデルには高い技術が組み込まれているため、往々にして故障しやすくデリケートで、実用性とはかけ離れていると考えられていたためです。

しかし、実用時計の王者とよばれるロレックスは、コンプリケーションモデルに高い実用性をプラスすることで、これまでの考え方を覆したのです。
スカイドゥエラーは複雑機構と時計としての実用性を両立しており、ロレックスの技術力を証明した時計だといえるでしょう。

ロレックス スカイドゥエラーの販売価格

2021年1月時点での スカイドゥエラーの参考定価をご紹介します。

  • 326238(オイスター、42 mm、イエローゴールド) 422万8,400円
  • 326235(オイスター、42 mm、エバーローズゴールド)  438万3,500円
  • 326933(オイスター、42 mm、オイスタースチール&イエローゴールド)  186万4,500円
  • 326938(オイスター、42 mm、イエローゴールド) 494万100円
  • 326935(オイスター、42 mm、エバーローズゴールド) 522万8,300円

※参考
ロレックス公式サイト

ロレックス スカイドゥエラーの買取価格相場

スカイドゥエラーはロレックスのなかでも新しいコレクションなので中古市場でもあまり出回っておらず、買取価格も高い傾向にあります。発表した当初は金無垢モデルのみの展開でしたが、コンビモデルが発売されたことにより、価格帯が広がって手に入れやすくなりました。そのため今後需要が高まる可能性があります。

ご参考までに、2021年1月現在の当社のスカイドゥエラー買取相場を記載します。

  • ・新品:180万円~195万円
  • ・未使用品:175万円~190万円
  • ・中古品:165万円~180万円

なお、上記に含みませんでしたがスカイドゥエラーシリーズの中でも人気のあるブルー文字盤の326934買取相場は中古で230万円前後、新品では240万円を超えることもあり、ほかのモデルと比較しても高額買取が見込めます。

旅行者のためのエレガントな時計 スカイドゥエラー

スカイドゥエラーは、旅行者に向けて作られたロレックスの革新的な時計です。高性能な複雑機構と実用性を融合させたこれまでにない最新コレクションで、時計ファンにはたまらない逸品です。

もし買い替えを検討しているようでしたら、スカイドゥエラーの買取実績が豊富なロデオドライブにご相談ください。

1954年創業のロデオドライブには、67年以上の長い歴史と確かな実績があります。国内有数規模のオークションを主催し、アイテムごとの最新相場を把握することで高価買取が可能です。

また、買取から販売まで自社で行っていることも高価買取につながっています。自社内に修理工場があるため、外部にメンテナンスを依頼する必要がありません。
そのため間接コストがかからず、その分を買取価格にプラスできるのです。買取したアイテムを販売する際も自社オークションへ出品するので手数料がかからないのも高価買取ができる理由です。

ロデオドライブでは「宅配買取」「店頭買取」「出張買取」という3つの買取方法が選べます。なお、宅配買取時には配送料、キャンセル料、返送料がかかりません。おおよその査定額が知りたい場合はLINEを利用して無料査定もできます。

ロレックス シードゥエラーの売却を考えているのであれば、まずはロデオドライブにご相談ください。

ロデオドライブの買取サービスはこちらから

簡単査定で買取価格をチェック

ブランド買取が初めての方におすすめ



選べる3つの買取サービス

今月のキャンペーン