セイコー(SEIKO)-ブランド買取なら高価買取の「ロデオドライブ」へ

宅配買取全国対応

0120-437-610

【受付時間】10:30~19:30

無料LINE査定実施中!

時計・腕時計の高価買取なら「ロデオドライブ」へ

セイコー(SEIKO)買取強化中

ロデオドライブのセイコー(SEIKO)買取の特徴

セイコー(SEIKO)のブランド時計・腕時計の高価買取なら、ロデオドライブにお任せください。人気のグランドセイコーやクレドール、ガランテやアストロンなど幅広いモデルを取り扱っています。当社独自の豊富な販路と最新の相場情報を持っているから、いつでも高価買取が可能。ぜひロデオドライブの買取サービスをご利用ください。

PERFORMANCE

セイコー(SEIKO)の高価買取実績

セイコー(SEIKO) の
高価買取実績をすべて見る

お持ちの セイコー(SEIKO) をすぐに売りたい方は、手数料・配送料無料の宅配買取をご利用ください!
事前に金額を知りたいときは、LINEからのお手軽査定も受付中です。

セイコー(SEIKO)

セイコー(SEIKO)とは

セイコー(SEIKO)のルーツは1881年に創業した「服部時計店」。当時、スイスを中心とする欧米産の腕時計が世界を席巻する中、1913年には国産初の腕時計を開発。さらに、1969年には世界初のクォーツ式腕時計を発売し、世にいう”クォーツ・ショック”で時計業界に革命をもたらしました。近年は機械式とクォーツを融合させた「スプリングドライブ機構」や、高精度GPSソーラー腕時計「アストロン」を発表。正確で、美しく、見やすい腕時計の本質を追求しながらも、時代の先を行く技術力と先見性は、まさに世界最高峰のウォッチメーカーです。「精巧な時計を作る」という社名にふさわしい、日本が世界に誇るブランドです。

セイコー(SEIKO)買取の相場情報

グランドセイコーやクレドール、ガランテ、セイコー・プロスペック、ルキアなど、価格帯やコンセプトに応じて多彩なコレクションを展開するセイコー(SEIKO)。特に1960年に登場したグランドセイコーは、スイスのクロノメーター規格に匹敵する高精度を実現した最高峰のモデルとして根強い人気を誇り、買取価格は安定して高い相場です。ゼンマイを核とした機械式時計の動力を持ちながら、クォーツ式時計の水晶振動子による正確な精度制御を実現したセイコー独自の機構である”スプリングドライブ”は秀逸の一言。国内外で人気があり、高価買取が見込めます。また、クレドールはバブル期のジュエリー・ウォッチから脱却し、漆・彫金の技法を用いて日本の繊細な美を表現したコレクション。セイコー(SEIKO)が、他のブランドとの差別化を図ったタイムピースで、こちらも人気があります。並行輸入品ではないため、為替による相場変動の影響が少なく、デザインの新旧が買取価格を左右します。基本的には年式が新しいモデルの方が買取価格は高くなりますが、グランドセイコーの限定モデルに関しては別格となります。

セイコー(SEIKO) 買取のQ & A

セイコー(SEIKO)はどれくらい高く売れる?

セイコー(SEIKO)は1881年に創業し歴史的にもROLEXより長くスイスの名門ブランドにも引けを取りません。1911年には国産時計生産量の60%を占めるブランドに成長しました。また1964年には東京オリンピックで公式タイムキーキーパーを務め、後のクォーツ時計につながる計測水晶時計を開発しました。モデルやコンディションによっても異なりますが、定価の約4~6割程度。限定コラボモデルに関しても高額買取が出来る場合もございます。ディスコン(廃盤)モデルであっても人気の高いモデルに関しては定価の5割程度のお買取りが可能なモデルもございます。もちろん、コンディションや付属品の有無によって相場は上下する事になります。また、もし当店でご購入いただいた中古セイコー(SEIKO)なら、高価買取を保証する「リターン買取」サービスもあります。

セイコー(SEIKO)を高く売るためのポイントは?

基本的には年式が新しいセイコー(SEIKO)ほど買取価格は高くなります。セイコー(SEIKO)に限らず全てのモデルに言えることですが、内部の状態(時計動作、クロノグラフ、各機能が正常に動くかどうか)、ケースやブレスレット(ラバーベルトや革ベルトも含む)のコンディションが査定のポイントとなります。磨きでは落としきれないような打痕傷やガラスの傷や欠けがない場合は、査定額も高くなります。付属品に関しては、基本的にはセイコー(SEIKO)は付属品が全て(例.保証書、BOX等)揃っている方が買取価格は高くなります。

流行やトレンドが買取価格に影響することはある?

セイコー(SEIKO)に関しては、流行やトレンドによっての価格の影響は比較的受けにくいブランドです。グランドセイコー、ブライツ、アストロン、プロスペックなどのスタンダードモデル、定番の人気モデルに関しては、流行やトレンドに左右されず安定した買取価格が見込めます。

新しいセイコー(SEIKO)ほど高く売れる?

新しいモデルの方が基本的には買取価格は高くなります。モデル自体が少し前のモデルであった場合でも、メーカーの保証書の日付が直近であればあるほど買取価格は高くなります。限定モデルに加え新しいモデルは一層高価買取が見込めます。流通量の少ない一部のモデルも高価買取が見込めます。

古いセイコー(SEIKO)も買い取ってもらえる?

もちろん買取可能です。セイコー(SEIKO)なら現行モデルだけでなくディスコン(廃盤)モデルも広くお買取いたします。

付属品がないセイコー(SEIKO)本体だけでも売れる?

付属品がないセイコー(SEIKO)も、もちろん買取可能です。ただし、重要な付属品が欠品している場合は査定額が下がる可能性があります。他のブランドに関しても基本的には保証書とBOX、ブレス調整したコマなど、特に保証書とBOX有無が重要視されます。セイコー(SEIKO)は保証書とBOXは重要度が高いため、全て大切に保管しておく事で高価買取に繋がりますのでご注意下さい。

オーバーホールや修理をしてからの方が高く売れる?

故障しているよりも機械が正常に動いている状態のほうが、買取価格は当然高くなります。しかし、買取価格で上乗せされる分よりも修理費用が高額になることはめずらしくありません。例えばメーカーにオーバーホールを依頼した場合、モデルにもよりますが、基本費用は三針モデルで約~3万、クロノグラフで~約6万円となります。セイコー(SEIKO)であれば故障していても買取可能なケースが多いため、まずはご相談ください。また、ロデオドライブでは自社の時計専門修理工房を構えています。メーカーや外部の修理工房に委託する必要がなく、メンテナンスコストを抑え、省いたコスト分を買取価格に上乗せすることができます。

コンディション(状態)が良くない(破損、汚れ、故障など)セイコー(SEIKO)も買い取ってもらえる?

内容によって買取価格に影響はありますが、もちろん買取可能です。前述のとおり、ロデオドライブは自社に時計修理技能士が在籍しているため、買い取った後のメンテナンス費用を他社と比べて抑えることができます。そのため、軽微な破損や故障であれば買取価格が大きく暴落することを抑えられます。動かない(止まっている)セイコー(SEIKO)であっても買取できる場合がありますので、お気軽にご相談ください。

高く売れるセイコー(SEIKO)のモデルはある?

セイコー(SEIKO)では、グランドセイコー、ブライツ、アストロン、プロスペックのスタンダードモデルの買取価格は安定しています。定番のモデルとして人気の高いモデルとしては、グランドセイコーが比較的高い傾向にあり高価買取が期待できます。前途のとおり、限定コラボモデルのような生産数量の少ないモデルも高価買取が期待できます。

お持ちの セイコー(SEIKO) をすぐに売りたい方は、手数料・配送料無料の宅配買取をご利用ください!
事前に金額を知りたいときは、LINEからのお手軽査定も受付中です。

セイコー(SEIKO)をはじめ、その他ブランドの時計やバッグ、宝石の買取も積極的に行っております。

その他の買取強化中ブランド



今月のキャンペーン